3年ぶりに制限のないゴールデンウィーク到来!【GW満喫しましょう】

  • 2022年5月6日
  • 2022年5月8日
  • Other
銀行員パパ『2022年は実に3年ぶりにコロナ蔓延防止・緊急事態宣言が解除されたゴールデンウィークとなりました!みなさまいかがお過ごしでしょうか?僕は少しだけ羽を伸ばして細かなイベントを過ごしました。感染対策は引き続き重要ですが、少しずつコロナ禍の中で趣味娯楽に興じることができる環境が整いつつあると感じる今日この頃です。』

 

2022年のゴールデンウィークはこんな感じで過ごしました。

 

銀行員パパの2022年GWの過ごし方

 

Twitterのツイート詳細含め、2022年GWはこんな感じで過ごしました。

 

 4月29日・30日:妻がコロナ感染で自粛

 

https://twitter.com/hanzawa7260/status/1519892934555930625?s=20&t=yXr6pCZ8NgRa751lutQ94Q

 

妻が4月後半からコロナに感染し、4月30日までは自宅軟禁。
Twitterでもツイートした通り、感染者に向けて東京都が1週間分の食料・飲料を無料で届けてくれた。
写真に掲載しているもので1人分なので、仮に家族3人分だと単純にこの3倍ということになる。
安心できるブランドを選りすぐっている感じもしたし、結構な財源をかけているはずである。
不幸にもコロナに感染してしまった場合でも、ぜひ活用してほしい。

 

 5月1日:テニススクールダブルス大会準優勝

 

通っているテニススクールで、男子ダブルス大会が開催されたので出場した。
妻のコロナ感染による自宅待機期間のギリギリ翌日だったので、ペアに迷惑をかけることがなくて何よりだった。
ダブルス大会といっても、出場ペアは6組のみ。
極々小規模の大会である。
予選は3組ずつに分かれて総当たり戦、その後に1位同士、2位同士、3位同士で決勝トーナメントというフォーマットだった。
なお、最近ありがちなデュース無し・6ゲーム選手方式だ。

 

僕の調子は比較的良かった。
予選は難なく6-1、6-1で快勝し、リーグトップで決勝に進んだ。
決勝も出だしは好調で5-2アップ、あと1ゲームで勝利のところまでいった。
のだが、そこからまさかの4ゲーム連取されてしまい、惜しくも優勝を逃してしまった。
思い返すと色々と反省すべき点はあるのだが、これを教訓に更に上手くなるしかない。
きっとここで使えなかった運は、別のところで輝くはずだと信じて。

 

 5月2日:友人と焼肉!

 

炭火焼肉ホルモン「ぐう」の本店のご紹介です。東京八重洲の裏路地にございますが、店内は毎日明るく元気に営業を行っております…

 

5月2日は暦通りで仕事であった。
とはいえ世間はゴールデンウィーク。
翌日からは3連休である。
飲まないわけにはいかない。

 

ということで、地元の友人を東京に呼びつけ、焼肉に行くことにした。
友人のアクセスも考慮し、東京駅前の八重洲にある『炭火焼ホルモンぐう八重洲本店』さんに伺った。
コロナ禍にもかかわらず店内はほぼ満席で賑わっている。
『炭火焼ホルモンぐう』さんは東京に数店舗展開するホルモン専門店で、自宅近辺の築地にも支店があって一度いってみたいと思っていたお店だ。
『焼肉』といったが、正確には『ホルモン』店である。
タンやハラミ、ロースはあるがカルビはメニューにない。
代わりにホルモン系は鮮度抜群で塩加減も絶妙。
生肉の提供を都から認可された数少ないお店で、ユッケや肉刺しも頂くことができる(少々お値段は張るが)。
たらふく食べて飲んで、一人8,000円くらいだった。
東京駅近辺の焼肉でこれはリーズナブルだろう。

 

その後、二次会でカラオケに行ったのだが、はっちゃけ過ぎた。
翌日、喉が枯れて身動きが取れ無かったのは言うまでも無い。

 

 5月4日

 

https://twitter.com/hanzawa7260/status/1521726108323831808?s=20&t=yXr6pCZ8NgRa751lutQ94Q

 

5月4日は千葉県幕張市にあるコストコを訪れた。
実は去年のGWに初めて訪れて、会員カードの更新期限が迫っていたのだ。
コストコは完全会員制の大型スーパーで、年会費が最低でも4,300円ほどかかる。
年会費は前払いだが、翌年の月末までに解約に訪れれば(電話・ネットは不可)返金される。

 

東京駅近辺に住む僕にとって、幕張はアクセスが良い。
京葉線一本で30分だ。
しかし、幕張駅からが遠い。
駅からはイオンモール向けのバスが出ていて、運賃は現金だと100円(ICカードだと170円)かかる。
そのバスでイオンモールの端までいき、そこから徒歩でコストコまで5分ほどだ。
なので、アクセスが良さそうで良くないし、しかも車が無いと購入したものを運ぶのが随分大変になる。
日常品も食料品も全てが業務用サイズなので、買ったはいいが決してポータブルサイズでは無いのである。

 

結局1年間行くことが無かったので、ちょうどいい機会だし1年ぶりに行って買い物だけして解約しようということになった。
コストコは一種のテーマパークみたいなものなので、一度訪れてみてもよいだろう。
商品のサイズに驚くはずだ。
家が近所で車があれば、1週間分の食料品を買い込んで冷凍庫に詰めるもの良いと思う。
我が家はそんなに大きな冷凍庫もないし、車も持ってないので、テーマパークに訪れるだけ訪れて、年会費を返金してもらった。
なお、解約すると1年間は再登録はできないので注意が必要だ。

 

 5月5日:ディズニーランド

 

 

Twitterの一言に尽きる。
僕の知っているディズニーランドからはメガ進化していた。
(ちなみに、ディズニーランドを訪れるのは数年ぶりだ。)

 

まず、エリアが大幅に拡張・変更されていた。
ゴーカートが撤去されて刷新されていたし、スターツアーズの手前も拡張されていた。
同時に、アトラクションも大幅に変わっており、美女と野獣・ベイマックス・モンスターズインクあたりは初見だった。

 

次に、ファストパスが廃止されていたのがびっくりした。
今はスタンバイパスというものに衣替えされており、しかもスタンバイパスが発行されているのは最新アトラクションのベイマックスだけだった。
キャラクターと写真を撮るのもアトラクション化されており、エントランスや道端でたまたま遭遇してスタッフにパシャリと撮ってもらうのは今は昔のようだ。
全てのアトラクションの待ち時間はアプリでリアルタイム確認できるし、そもそもチケットがアプリの電子コードに切り替わっていた。
もちろんコロナ禍に対応したというのもあるのだろうが、時代の進歩に慄くばかりであった。
3歳ギリギリ無料で入場できる娘にとっては良い経験になっただろう。

 

ちなみに、美女と野獣は夕方頃が一番空いていて60分待ち、それ以外の時間帯は100分前後待ちだった。
ベイマックスはスタンバイパス所有者のみしか乗れず。
ビックサンダーマウンテン・スプラッシュマウンテン・スペースマウンテンの大御所は30分〜60分待ちといった感じだった。
コロナ禍で入場数を絞っているのだろう、待ち時間は(数年前の個人的感覚と比較すると)短いように感じられた。
チケットもアクセス争奪戦になる現状だが、興味のある方は行ってみるとよい。

 

しかし、入場料、高くなったな。
僕が大学生の頃(今から15年くらい前)は6,000円〜7,000円だったと記憶しているが、今や10,000円弱する。
近い将来10,000円の大台も突破して、給料水準が変わらない日本人にとっては少しずつ高値の花になっていくのだろう。
個人的には、全ての諸悪の根源は少子高齢化だと思っている。
子供がたくさん生まれ、育てやすい環境の整備が、日本経済の一丁目一番地だと考える。

 

 5月6日:馴染みの店でしっぽりと

 

https://twitter.com/hanzawa7260/status/1522541055937183746?s=20&t=yXr6pCZ8NgRa751lutQ94Q

 

5月6日も暦通りで仕事だ。
世間はGW真っ只中、連休ムードまっしぐら、なのだが有給は取れなかった。
仕事は早々に切り上げて、馴染みのお店、『kamenote』さんに伺った。
普段はテイクアウトで家飲みの肴にすることがほとんどなのだが、せっかくのGWなので店内でコース料理に甘えることにした。
娘の面倒を見ろよという声が聞こえてきそうだ。

 

食べログ

★★★☆☆3.33 ■予算(夜):¥8,000~¥9,999…

 

ご主人が豊洲市場から仕入れる旬の野菜・魚・肉を、素材の良さそのままに調理してくれる。
この日は、コース料理とお酒を少々注文した。
鮪の頬肉、鴨のテリーヌ、牡蠣、刺身盛り合わせ、レバーと馬刺し、野菜とミモレットチーズ、スミイカとアスパラのグリル、太刀魚とグリル貝、牛ハラミステーキと、和洋折衷で文句なし。
ご近所さんに愛されるお店ではあるが、遠くからでも足を運ぶ価値のあるお店だと思う。
月・木が休みで、それ以外の日は予約すればお昼貸切でコースを頼むことも可能だ。
僕も娘・嫁両親を連れてランチに伺ったこともある。

 

 

暫く祝日が無い時期に入りますね

 

今年のゴールデンウィークは満喫できました。

 

 近々福岡に旅行予定

 

楽しかったゴールデンウィークもいつかは終わってしまうもの。
僕も本音を言えば、友人たちとバーベキューやキャンプに行きたい気持ちもあったのだが、コロナ禍に置いては少し躊躇われたし、そもそも予定が合わず断念した。
しかし、まぁまぁ楽しめた2022年GWだったといってよいだろう。

 

GWが終わると7月の海の日まで祝日がない。
5月と6月は魔の月だが、銀行員は好きなタイミングで有給をとることができる。
近々、余りまくったマイルを使って福岡に旅行に行くつもりだ。
5連休を取ってしまっても良いのだが、海外に行けるまでは状況が改善していないので、ちょっと迷っている。

 

銀行員パパブログ

銀行員を目指す就活生『給料も高そうだし、福利厚生や手当てもしっかり。よほどのことがない限りつぶれることもないだろうから、…

 

 

最新情報をチェックしよう!